四書五経

四書五経(ししょごきょう)とは


四書五経とは儒教の経書のなかで特に重要とされる四書五経の総称である。


四書


四書は「論語」「大学」「中庸」「孟子」を指します。



五経


五経は「易経」「書経」「詩経」「礼記」「春秋」を指します。



四書五経


江戸時代には四書五経を教育に用いたようです。


日本では江戸時代以降も四書五経を教材として利用する事もあるようですね。

タグ:歴史 教育 儒教
posted by 管理人 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408802717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。