歴史修正主義

歴史修正主義とは


最近よく見かけるようになった歴史修正主義という言葉を調べてみました。


まだ明確な定義は無いようですが、一部の人達にはある程度の共通認識があるようですので紹介します。

歴史修正主義の誤った認識


歴史修正主義とは、何らかの新しい証拠や資料の発見によって歴史を修正する事とは全く違うようです。


実は管理人も「歴史なんて新しい資料や証拠が出たら簡単に修正されるものだし、そもそも戦争の勝者が意図的に作り上げた部分も多い。歴史は常に修正されるもの」と認識していました。


しかし、一部の人達によれば全く違った意味を持つことが判明しました。



歴史修正主義の共通認識


これはツイッターのまとめサイト「togetter」で見つけた歴史修正主義の定義というより、共通認識のようですね。


一般に歴史修正「主義」というときは、他の多くの証拠、証言などから現状覆らない歴史上の事項を、自分の主張に都合のいいように恣意的な資料の選択、証拠の無視など様々な方法で覆そうとする行為を指すと思います。新しい知見がきちんと学会等で検討されて従来の説が変更されることとは区別されます。

http://togetter.com/li/734637のコメント欄より引用

どうやら歴史修正主義とは、結論ありきで、偏った証拠や資料を集めて意図的に歴史を修正する行為に限定して使われいるようです。


新しい資料や証拠の発見に伴う歴史の修正とは区別されているようです。



なんかそれだと歴史修正主義じゃなくて、歴史捏造主義って印象ですが、今後はどのように解釈されていくのかは不明ですね。


一応、共通認識として定義されてるようですので、今後は一般化していくと思います。

タグ:修正 歴史 生活
【れの最新記事】
posted by 管理人 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。