セアカゴケグモ

セアカゴケグモとは


セアカゴケグモは有毒の小型のクモの一種です。


熱帯から亜熱帯にかけて分布する毒蜘蛛。

国内で急増中


セアカゴケグモは1995年に大阪府高石市で発見された。これが国内で最初の発見とされています。


それから20年余りの間に急速に生息範囲を拡大し、2014年9月時点で東京都を含む35都府県で発見されている。



セアカゴケグモ


毒性


セアカゴケグモの毒は捕らえた獲物に止めを刺す神経毒です。なお毒を有するのはメスだけで、オスは人体に影響する毒を持たないと言われている



性質


セアカゴケグモは大人しい性質で、直接手で触れたりしない限りは噛まれたりしないようです。



もし噛まれたら


もしセアカゴケグモに噛まれたら、かまれた場所を水で洗い流して、できるだけ早く病院に行って治療を受けることが大切です。


また、咬まれたクモを殺して病院に持参すると適切な処置が出来ると思われます。

【せの最新記事】
posted by 管理人 at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406142799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。