シーベルト(Sv)

シーベルトとは

シーベルトとは放射線の被爆量を示す単位です。

1 Sv = 1,000 mSv (ミリシーベルト) = 1,000,000 μSv (マイクロシーベルト)

原子力発電所で事故が起きた時などに、新聞やテレビのニュースでよく使われるが、日本のメディアには放射線や被曝について詳しい解説員は存在しないようで、メディアが報道している内容は間違いが多い。

そのせいで風評被害等を拡大する傾向が強い。

なお、放射線や被曝については海外のメディアも詳しくはないようで、全世界的に風評被害が拡大する事が多い。



レントゲン被曝

レントゲン撮影でも被曝している。一回の胸部X線撮影で100μSv〜300μSv、胃のX線撮影は4000μSv、X線CT撮影は20000μSvといわれている。



自然被曝

人体は常に自然界から被曝している。一年間に世界平均2400μSvを自然被曝している。


放射線被曝と妊娠

胎児は特に放射線被曝の影響が大きい為、妊娠中の女性は要注意である。


シーベルト毎時

よく用いられるシーベルト毎時は、1時間あたりの生体への被曝の大きさを表す単位です。毎時シーベルトという事もあります。

Sv/hという記号で表記されます。

posted by 管理人 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194754146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。