アルゴリズム取引

アルゴリズム取引とは

アルゴリズム取引とは、コンピューターシステムが株価や出来高などに応じて、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引の事です。


米国の機関投資家を中心に広まった。

日本でも急速に普及しています。


プログラム売買、あるいはシステムトレードなどとも呼ばれる事もあります。

【あの最新記事】
posted by 管理人 at 09:38 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。