新産業集積エリア

新産業集積エリアとは

読み「しんさんぎょうしゅうせきえりあ」

佐賀県が推進している新しいスタイルの工業団地。

雇用創出や経済効果の大きい大規模企業や、21世紀をリードする重点誘致産業関連企業の立地を推進する為に整備する新たな受け皿のこと。

従来の工業団地というイメージとは異なる立地環境の優位性を追求していくことから、名称を「新産業集積エリア」としている。

新産業集積エリア 佐賀県

佐賀県は新しい工業団地のスタイルを推進しています。

現在佐賀県では、唐津地区(唐津市厳木町)、有田地区(西松浦郡有田町)、武雄地区(武雄市北方町)、鳥栖地区(鳥栖市)の4箇所に新産業集積エリアを計画しています。

4地区のうち、唐津地区(県北部地域・唐津市厳木町)は、第一期・平成21年秋分譲開始予定、第二期・平成23年度分譲開始予定と計画が進んでいます。

参照:新産業集積エリア唐津

posted by 管理人 at 03:02 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127698591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。