PDCAサイクル

PDCAサイクルとは

読み「ピー・ディー・シー・エー サイクル」

典型的なマネジメントサイクルの一つ。

計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)のプロセスを順に実施する。

最後のactを次回のplanに結びつけるという螺旋状のプロセスを繰り返し、品質の維持・向上および継続的な業務改善を推進するマネジメント手法です。

PDCAサイクルは管理サイクル

PDCAサイクル(ピーディーシーエーさいくる, PDCA cycle, plan-do-check-act cycle)は、工業(製造業や建設業)などの事業活動において、生産管理や品質管理などの管理業務を計画どおりスムーズに進めるための管理サイクル・マネジメントサイクルの一つ。


PDCAサイクルの始まり

PDCAサイクルは、第二次大戦後に、品質管理を構築したウォルター・シューハート(Walter A. Shewhart)、エドワーズ・デミング(W. Edwards Deming)らによって提唱された。このため、シューハート・サイクル(Shewhart Cycle)またはデミング・サイクル(Deming Wheel)とも呼ばれる。


PDCAサイクルの手順

1. Plan (計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
2. Do  (実施・実行):計画に沿って業務を行う。
3. Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
4. Act (処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。


以上の4つの段階を順次行って、最後のActを次のPDCAサイクルに繋げる。

次第に完成度が向上するという手法です。

posted by 管理人 at 02:41 | TrackBack(0) | P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。