ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨とは

読み「げりらごうう」

全く予期しない時間・場所で突然豪雨が降る現象です。

極めて小さな範囲での集中豪雨。
短時間のうちに大量の降水量。
降水場所が限定出来ない。

などの特徴がある。

ゲリラ豪雨の被害・2008年8月

1時間雨量
愛知県岡崎市146.5mm、一宮市120mm、千葉県我孫子市104mm、
その他東海地方・関東地方の多くの地点で解析1時間雨量100-120mm。
他にも多数の床下床上浸水、行方不明の被害。
気象庁によって「平成20年8月末豪雨」と命名された。

など、日本各地でゲリラ豪雨の被害が出ました。


ゲリラ豪雨の対策

ゲリラ豪雨でまず気をつけたいの落雷ですね。

引用:落雷 Life and Health
発達した積乱雲からの放電活動ですから、積乱雲が近づいたら要注意!遠くから「ゴロゴロ」という雷鳴と激しい稲光を伴います。近づいてきたら落雷注意!屋外にいる人は屋内へ避難しましょう。

次に水害ですね。

引用:水害 Life and Health
台風や集中豪雨など、原因もさまざまですが、道路の冠水、床下・床上浸水の順に被害が拡大していきます。雨があがっても上流に降った雨水が下流域で増水します。

詳細は、引用元を参考にしてください。

鉄砲水や土砂災害にも注意が必要です。

引用:水害2 Life and Health
突然の鉄砲水は、前兆がはっきりしませんが、赤茶色の水が流れる、水が湧き出る、逆に湧き水が止まる等の前兆がある。

何らかの前兆を見つけたら、安全な場所に避難しましょう。

関連サイト:「ゲリラ豪雨」対策第2弾!


ゲリラ豪雨の原因

ゲリラ豪雨の直接の原因は、発達した積乱雲ですが、ゲリラ豪雨の積乱雲を発生させる原因は、日本の大都市のヒートアイランド現象だといわれています。

よって、ゲリラ豪雨の発生は大都市で発生する事が多いようです。

また都市部の排水能力は1時間に約50mm程度の降水量を想定して設計されているため、それ以上の降雨量があれば排水出来ずに溢れてしまうようです。

よってゲリラ豪雨の被害は都市部では拡大する傾向があるようです。

posted by 管理人 at 18:05 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。